タイ在住者が選ぶ!プチプラで買えるお土産3選

旅行
スポンサーリンク

突然ですが、みなさんは旅行での お土産選びに困ったことはないですか?

タイでは定番のマンゴー・ドリアンのドライフルーツや、空港などで売られる個別に包装されたお菓子はバラ撒き用にも便利で良いですよね。

しかしそんな中、
「もっと話題になるものがいい」
「他の国で似たようなものをお土産にした」
「現地でしか買えないものがいい」

なんて声もよく聞くんです。

今回はそんなお土産こだわり派のあなたに、
大人気の観光地「タイ」に住む筆者が、自身も実際に買う”プチプラ”お土産を紹介しちゃいます!

ヤードム(インへーラー)

このカタチ、一見するとリップクリームのような見た目ですがなんだと思いますか?

タイ国民で持っていない人はいないのでは?と思うくらいよく見かけるものです。

正解は「嗅ぎ薬」。…といってもピンとこないかもしれませんが、
メンソールとアロマオイルの香りで気持ちをリフレッシュさせる、「リラックスアイテム」です。

ノズル(写真中央)には液が染み込んだ綿が入っていて、鼻の周りに近づけて嗅ぐと
スゥーっとメンソールの爽快さが突き抜けます。ちなみにタイ人はこれを平気で直接鼻にいれるのですが、
人によっては爽快さを超えて痛みにもなるので、ヤードム初心者の方や衛生上気になる方は無理せずに使いましょう。笑

私も実際に使い始めてその良さを知り、今ではマストアイテムです!

作業の合間のリフレッシュ効果、花粉症の鼻詰まり解決、長時間の運転の眠気覚ましなど、使い勝手抜群です。なにより1つ約20バーツ(約70円)で買えるのも魅力です。

ママ カップヌードル

次に紹介するのがタイの国民食ともいわれる
「ママ カップヌードル」。

「ママ」はブランド名で、タイならではのフレーバーがたくさんあるのが特徴です。

1つ15バーツ(約50円)で買えてしまう安さ、またコンビニの店頭に並んでいるだけで
11種類もある種類の豊富さが決め手です!フレーバーは

・トムヤム

・クリーミートムヤム

・グリーンカレー

・イェンタフォー
(酸味と辛味が強い、ピンク色のスープが特徴)

・ポーク

など

私がよくお土産にする理由は、タイのフレーバーがあるだけでなく、
パッケージにタイ語が書いてあるから♪オリジナル感もあるし、字が読めないからこそ、
「これ何?」から会話が始まるので渡すだけで終わらないのも良いですよね!

日本でも日清からトムヤム味のカップヌードルが出ていますが、スープも麺も全然違います!
(うまく違いを伝えられない…)ので、ぜひ試してみてください。

DENTISTTE(デンティス)

食べ物や香りものは好みが分かれるので、せっかくのお土産も「私これダメなんだ。」
なんてお互い気まずい空気になったことありませんか?
ちなみに私は言ったことも言われたこともあります。笑

ですがそんな心配はこれで解決です。

 私が最後におすすめしたいのが、
タイのハーブを使用した口臭予防やホワイトニング効果のある「デンティス」。
オーラルケアに詳しい人なら知っている、ちょっとリッチな歯磨き粉です。

実は、日本では100gのものが約1300円ですが、
ここタイでは150バーツ(約500円)と半額以下で買えちゃうんです!

また性別や年齢問わず、渡しやすいお土産なので
会社勤めの方にはもってこいではないでしょうか。

まとめ

紹介させていただいた

・ヤードム
・ママ カップヌードル
・デンティス

は、いずれも賞味/消費期限が長いものなので、
遠方のお知り合いへのお土産でもいいと思います。

今回はプチプラ商品を見てきましたが、値段は気にならない!なんて方には
スパアイテムやタイシルクがおすすめですよ。

少しでもみなさんのお土産選びが楽しくなりますように!



コメント

  1. […] 4月の行事、5月の行事、6月の行事 7月の行事、8,9月の行事 […]

  2. […] タイのお土産記事も参考にしてください。 […]

タイトルとURLをコピーしました