近江八幡市で歴史の世界・絵本の世界にタイムスリップ

旅行
スポンサーリンク

近江八幡の魅力

滋賀県といえば何を思い浮かべますか?

きっと一番はじめに思い浮かぶのは、
日本一大きな湖「琵琶湖」でしょうか。

そのような滋賀県、
実は魅力いっぱいの県なのです。

その中でも「近江八幡市」は、
歴史的建造物がたくさんある街でありながら、
新しくできたものは
まるで絵本の世界のような建物。

同じ街に存在しそれが両方楽しめてしまう、
とても素敵な場所なのです。

 

歴史をじっくり感じる水郷めぐり

近江八幡には、
「八幡堀」というところがあります。


豊臣秀次の八幡山城居城のもと造られた人工水路です。

歴史を感じさせる建物があったりするなと思っていたら、
映画や時代劇のロケ地としても利用さることが多いそうです。

確かに、納得。今までみてきたたテレビにこの近江八幡の景色が
映し出されていたのかもしれません。

この八幡堀は、重要伝統的建造物群保存地区と
重要文化的景観地域に認定されています。

とっても長い名前ですが、歴史的にみても価値がある建物、
貴重な建物であるということがわかります。

歴史をずっと引き継いできた
この建物を失うことないように私たちは、
大切にしなくてはなりませんね。

八幡堀 · 〒523-0837 滋賀県近江八幡市大杉町
★★★★☆ · 史跡

八幡堀の水路を
船に乗ってめぐることが、
なんとできるのです!

乗り場は、お食事処「和でん」から約35分の船旅。

HOME - 和でん
近江八幡にあります「和でん」です。本格近江牛の旨みを心ゆくまで堪能できる、近江牛すきやき御膳やしゃぶしゃぶ御膳などのお食事のほかに、和舟でゆっくり楽しむ、情緒あふれる八幡堀めぐりがございます。また、敷地内にはシミュレーションゴルフが楽しめるゴルフバーもございます。

八幡宮さまを通り、近江商人の本宅などがある新町、
そして赤煉瓦工場跡を通ります。

この時は、今の時代を忘れてしまいそうになります。
この八幡堀だけが知っている
豊臣の時代、近江商人の時代、
その流れをゆっくり味わうことのできる
時間かもしれません。

View this post on Instagram

歴史を訪ねて。豊臣秀次、八幡堀 秀吉の姉の子で、秀次は秀吉の跡目と言われてました。領地として現在の滋賀県近江八幡市を貰い、領主として名を残しています。 彼が優秀な人材であったかどうかは、尾張長久手の戦いでの采配を見ると、イマイチであったようです。ただ、秀吉の跡目と言うことで、豊臣恩恵の諸大名からは大切にされたかと思います。 近江八幡の政策が、彼が立案者か、秀吉から付けられた家来衆の知恵か、どうかもわかりません。秀吉の逆鱗に触れて周りの者全てが殺されたからです。 秀吉の人生は人を殺さないイメージですが、終盤には千利休を始めとし次々と殺して行きます。秀次が機敏ならば、秀吉に逆らうことなく、豊臣政権を継ぎ秀頼にバトンタッチできたと思うのですが。 少ない秀次の名が残るものが、この八幡堀です。時代劇の船着場のシーンや堀のシーンに登場します。そのせいか、堀の周りの道には電柱が見当たりません。電柱を立てないようにしているのだと思います。 撮影2019年4月7日 #八幡堀#滋賀県近江八幡市#豊臣秀次#桜

A post shared by Hiro (@dojidas) on

 

まるで絵本の世界「ラコリーナ近江八幡」

ラコリーナ近江八幡は、
和菓子「たねや」洋菓子「クラブハリエ」
を展開するたねやグループがはじめました。

駐車場から建物めざし歩いていると、
一面びっしり緑色の草が生え、
かわいい石の小道が建物まで続きます。

そして、建物全部そして屋根までも草のはえた言葉では
表現できないかわった建物がみえてきます。

もうそれだけで物語の世界に入ったような
気分が十分に味わえます。

自然を愛し、自然の学び、人々が活動する場という
目的がありラコリーナツアーを開催。

また、田植えや稲刈り体験などができ、
季節を感じることができます。
一年の中で行ったときに見える
ラコリーナの姿がまた違うのでしょうね。

このラコリーナの建物を見て感じたのは、
まだ新しさが残るけれども、あと10年、20年たったら
この建物の風格がでてきて面白くなる気がするな。

そんな味わい深いラコリーナの建物だと思えました。

美味しいものがあるラコリーナ

ラコリーナには、おいしいものがいっぱいあります。

クラブハリエの2階にはカフェがあり、
出来立てバームクーヘンが食べられます。

建物の中は、甘くていい香りがするので、
期待が膨らみます。

人気のあるカフェなので、
常に行列ができています。

バームクーヘンを注文し待ってでてきたものは、
しっとりしていて甘さ控えめ。
あまりのおいしさに、あっという間に食べてしまい…。

期待通りのバームクーヘンに満足し、
ラコリーナの建物をでて散策することにしました。

途中、ベンチも設けられているので時々座りながら…
みる角度によって見えてくる世界が変わるラコリーナの建物。
そして自然いっぱいの景色をゆっくり楽しみます。

バームクーヘンを食べても、
まだお腹に余裕があるということで、フードガレージの
フードコートへ。

ここには、
パン屋さん、
団子屋さん、
ホットドック屋さん
などがあります。

パン屋さんは
次々焼き立てパンを出してくれるのですが、
すぐに売れてしまっていました。
早めの購入がおススメです。

先ほど洋菓子を食べたから、
今度は和菓子を!ということで、
団子屋さんでみたらし団子を注文。

すると、そこからじっくり団子を焼いてくれます。
それから、とろりとしたみたらしをかけてくれました。
また外の景色を眺めながらベンチに座り、食べました。

再び歩くと、ロンドンバスが置いてあります。
ここは、ギフトショップになっています。

ギフトの並び方が工夫されていて、
思わず手に取ってみたくなる感じです。

301 Moved Permanently
ラ コリーナ近江八幡 · 〒523-8533 滋賀県近江八幡市北之庄町615−1
★★★★☆ · 菓子店

近江八幡を満喫

近江八幡に行って感じたのは、
ゆっくり時間の流れているところだなということです。

水郷めぐりをしていると過去に行きかった人々を思い、
ラコリーナへ行くと現代の建物にもかかわらず、
未来に通じるものを感じました。
不思議な場所です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました