低価格で行けるマレーシア。女子旅にもおススメ

旅行
スポンサーリンク

マレーシアを満喫しよう。

 

マレーシアの首都「クアラルンプール」は
19世紀頃に、開発が始まった
比較的新しい都市です。

 

LCC格安航空会社の大手「エアアジア」が
マレーシアに本社を置き、
日本からは毎日飛行機が運航している為、
台湾や韓国、タイと同様に
日本からは比較的行きやすい国だと思います。

そんなマレーシアは、
手つかずの熱帯雨林もありながら
近代的な街並みもある人気観光地となっています。

エアアジアの知ってて良かったコラム

 

ペトロナスツインタワー

 

マレーシアの事をあまりよく知らない方でも
「ペトロナスツインタワー」はどこかで聞いた事、
または見た事があるのではないでしょうか。

 

首都クアラルンプールの中心地にそびえ立つ高層ビル、
ペトロナスツインタワーは2棟のビルが
対となっているツインタワーで、
マレーシアの観光名所となっています。

 

マレーシア屈指の観光名所となっているだけではなく、
街のいたる所から見る事が出来る
クアラルンプールのシンボルと言ってもいいでしょう。

 

また隣接するKLCC公園はかなりの広さで、
多くの木々に囲まれた静かな公園となっているため、
都会のオアシスのような公園だな。。と思ったほどでした。

 

公園内はツインタワーを見上げる絶景スポットも多々あるので、
写真スポットでは多くの観光客が写真を撮っていました。

 

公園内の噴水では、夜になると噴水ショーがあり
カラフルなライトで照らされた噴水が
音楽に合わせて軽快なダンスをしている様に見え、
とても楽しかったですよ。

 

 

 

マレーシアの島々が人気急上昇

 

マレーシアは多数の島があり、
その中でも今、人気急上昇な島が「ペナン島」

 

私が行った時期はまだ観光客も多くなく、
ビーチでゆったりとした時間を過ごしました。

世界遺産のジョージタウンの街並みは
アジアとヨーロッパが入り混じった風景が楽しめる街で、
街にはたくさんの壁画があり、
散策しているだけでも楽しい!!!!
そんな街でした。

 

朝の散歩はとても気持ちがよく、
都会の喧騒とはかけ離れたほんとに
ゆっくりとした時間を体験できました。

 

ペナン島は中華系の人が多く、
そのためペナン島の名物「飲茶」は、
本格的な味でとても美味しかったです。

 

物価も高くないので美味しい料理が
お手頃な値段でたくさん味わえます。最高でした。

 

ジョージタウンの雑貨屋さんは、とてもハイセンスな物ばかりで、
お土産に買っても喜ばれるアイテムの1つだと思いますよ。

 

ペナン感があふれるお土産が多数ある海沿いのジェッティーは、
お土産雑貨がたくさん売られていて、
ジョージタウンのウォールアートの絵のマグネットなどが人気だそう。

 

日が暮れ始めたら、海沿いにあるスターバックで
コーヒーを飲みながらゆっくりと沈んでいく夕日を見るのもおススメ。

 

View this post on Instagram

2018.6.3-4 Penang in Malaysia?? . 首都クアラルンプールからバスで5時間揺られ到着!ペナン島 知る人ぞ知るウォールアートの街? さすがに自撮りは無理なのでそこら辺の人に撮影頼みまくってコミュ力鍛えたペナン島 小さな島をぐるぐる歩きすぎて店のおっちゃんと意気投合したペナン島 ヨーロッパから3年かけて自転車で南下してきたチャリダーに出会っていつか自分もチャリ旅するんだと誓ったペナン島 ひたすらカレーが美味かったペナン島 そしてたぶん1万円盗られたペナン島 たった2日の滞在で、いろいろあったペナン島 . #たかしとスマホde世界一周

A post shared by Takashi (@takashi_wrp) on

 

マレーシアは観光客も多く、
英語が通じるので観光しやすい街だと思います。

 

現地の方も優しく私が1人で写真を撮っていると、
「撮ってあげるよ」と女性の方に声を掛けられました。

 

ただ、海外ですので、むやみやたらにカメラなどを渡すと、
逃げられたり、写真を撮るだけでお金を請求する場合もあるので、
そこは気を付けて下さいね。

まとめ

フォトジェニックスポットも多数あるマレーシアは、
1人旅、女子旅はもちろん家族での旅行でも
楽しめる国だと思います。

 

私は1人旅しましたが、
ゆっくり時間を過ごしたい人は
ペナン島がおススメです。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました